お弁当の作り方

和風パスタとジャーマンポテト弁当~しそジュースを添えて~の作り方

和風パスタとジャーマンポテト弁当~しそジュースを添えて~

材料


和風パスタ

  • 乾麺パスタ約200g
  • 塩少々
  • ベーコン4枚
  • 小松菜1束
  • エリンギ2本
  • 調味料A(コンソメ顆粒少々、めんつゆ大さじ5、料理酒大さじ1、醤油大さじ1)
  • にんにく1/2片
  • オリーブオイル少々
  • 昆布顆粒だし少々
  • 塩コショウ少々

ジャーマンポテト

  • じゃがいも3個
  • ベーコン3枚
  • 塩コショウ(やや多め)
  • オリーブオイル
  • にんにく1/2片

しそジュース

  • 赤しそ2束
  • 水4000cc
  • 砂糖800g
  • クエン酸大さじ5
  • 卵1個
  • ウインナー2本
  • ご飯
  • 昆布の佃煮
  • ゆかりのふりかけ

調理時間:約20分程度

作り方

和風パスタ前日のおかず

  1. 鍋に多めの水を入れ、沸騰したら塩を少し入れてパスタを少し固めに茹でる。
  2. 茹で上がったらにオリーブオイルを軽く回しかける。
  3. ベーコンとエリンギは食べやすい大きさに切り、小松菜は3~4㎝の長さに揃えて切る。
  4. にんにくは薄皮を剥いて縦半分に切ったら、芯をとって薄く切る。(ジャーマンポテトに1/2片使用)
  5. フライパンにオリーブオイルを入れ、スライスしたにんにくを入れて香りを出す。
  6. ベーコン、小松菜、エリンギを入れて炒める。
  7. ベーコンがこんがりしてきたら、茹でたパスタを入れ、調味料Aを加えて全体を混ぜる。
  8. 最後に昆布顆粒だしを加えて味を整え、塩コショウを軽くふって出来上がり。

ジャーマンポテト前日のおかず

  1. じゃがいもは皮を剥いて斜め輪切りにし、水につけておく。
  2. ベーコンは食べやすい大きさに切る。
  3. 水切りしたじゃがいもをビニール袋に入れ、レンジで約1分半温める。
  4. フライパンにオリーブオイルを入れ、スライスしたにんにくを入れて香りを出す。
  5. ベーコンをしっかり炒めたら、じゃがいもを入れて弱火でじっくり焼いていく。
  6. じゃがいもにこんがり焼き色がついたら、塩コショウをふって全体を混ぜる。

しそジュース作り置き

  1. 赤しその葉だけを摘み、水で丁寧に洗ったら、ザルにあげて水切りしておく。(ボウル大盛り2つ分)
  2. 鍋に水を入れて沸騰したら、水切りした赤しその葉を入れ、中火で15~20分程煮る。
  3. 一旦火を止め、色が抜けた葉を全て取り出し、砂糖を入れて再び中火で温める。
  4. 砂糖が溶けたら、クエン酸を入れ全体をよく混ぜる。
  5. 粗熱が取れたら、保存用の容器に移す。

目玉焼き

  1. フライパンに油を少し入れ、馴染んできたら極弱火にし、卵を割って入れます。
  2. その上に塩コショウを軽くふり、アルミホイルを被せて、黄身にある程度火が通ったら出来上がり。

ウインナー

  1. ウインナーは斜め半分にし、中に火が通るように切り目を細かく沢山入れる。
  2. フライパンに油を薄くひき、ウインナーを弱火で炒めて焼き色がついたら、塩コショウを軽くふる。

ご飯

  1. 保温のランチジャーにご飯を半分入れ、昆布の佃煮を入れる。
  2. 再度ご飯を入れて、最後にゆかりのふりかけをかける。

ここがポイント!

  • 基本の作り方:目玉焼き→ウインナーの順に作るとフライパンを洗わずに済みます。
  • パスタの麺の硬さはお好みですが、フライパンで具材とソースを絡めて作る場合は少し固めに茹でた方が麺がのびにくく、程よい食感が楽しめます。又、茹でたパスタにオリーブオイル、又はサラダ油を軽くかける事で麺が冷めにくく固まらないので、後の調理がしやすくなります。
  • 我が家のジャーマンポテトは簡単(手抜き)レシピですが、お弁当には最適の1品です。じゃがいもをじっくり弱火で焼くので、出来立ては周りがカリッとしてて、中はホクホクです。※パセリがあればもっとお洒落に見えます。
  • しそジュースに使う赤しそは、ビタミンやミネラルが豊富なので、クエン酸との相乗効果で免疫力UPに繋がります。クエン酸の他にレモン果汁やお酢で作った事もありますが、個人的にはクエン酸が一番飲みやすいと思います。
JKのママ
今年もしそジュースをたっぷり作ったから冷凍してるよ!タピオカは入ってないけどランチの後にどーぞ!
Pocket
LINEで送る

-お弁当の作り方
-, ,

Copyright© 体育会系JKが喜ぶww 愛情弁当RECIPE(レシピ) , 2021 All Rights Reserved.